進化したCOSMOSバイクフィットとは…?

久しぶりのブログ更新になります。

ニセコクラシック、実業団石川ロードE1での勝利に沸くこのタイミングで、よりエアロに進化したCOSMOSのバイクフィッティングについて紹介させていただきます。

なぜ、骨盤を立てる?

以前から、僕が提供しているバイクフィッティングでは、骨盤を立てて乗ることを推奨してきました。今となっては、誰に対してもそれが正解と押し付けるつもりはありませんが…

上の写真を見てください。右の骨盤が立ったフォームに比べると、骨盤を寝かせた左の写真では、脚の上がるスペースが少なくなっています。

この状態だと、ペダルに体重は乗るけど脚がうまく回らない…ということで重いギヤばかり踏んでしまったり、上体が大きく揺れることで腰痛が出たり、ハンドルに体重が乗りすぎて手が痛い、ハンドルを取られると転倒しやすい、、、などといった問題がよく見られます。

これが、骨盤を立てた方が快適ですよ~と伝えて来た理由なのです。しかし…

ぶち当たった「空気抵抗」の壁

お気づきの方もいるかもしれませんが、右の骨盤が立ったフォーム(上の写真)はどうしても上体が高くなってしまいます。ヒルクライマーや、スピードの速くないブルべをやっている人たちには評判が良かったものの、僕自身も含めて、平地のスピードが出ないという壁にぶち当たりました。

ネコのように背骨が柔らかければ、脚の上がるスペースを確保したまま空気抵抗を減らせるのに…そう思いながら、試行錯誤してきました。

(実際に、平地が速い海外のトップ選手の多くが、骨盤を立てて背骨を大きく曲げています。Ex:ウィギンス、フルーム、コンタドール、トニー・マルティン、カヴェンディッシュ等々)

たった10分のエクササイズで解決!

この悩みを解決すべく、背骨の可動域アップの方法を色々試し、ついに、1日でここまで変わる方法を発見しました! (左:ビフォー、右:アフター)

反る方にも丸める方にも背骨が柔らかくなります。

個人差はありますが、この方法によって、適正ステム長が平均2~3㎝くらい長くなります。

↑こんな機材を使って10分程度のエクササイズを行うだけです。身体が硬い50代の方でもこれだけ変わります。

骨盤を寝かせたフォームより、もっとエアロなフォームになっています。

もちろん、このアフターのフォームが「完璧」とか「正しいフォーム」と主張するつもりではありません。柔らかくなって可能になったフォームの一例にすぎません。

元々骨盤を寝かせた乗り方をしていた方には、その状態で発達した筋肉がありますし、最終的には、ご本人が一番パワーの出るフォームで走ればよいと考えています。(そもそも問題意識を持ちにくいのは難点ですが、初心者の方ほど推奨するフォームやペダリングが身に付きやすいのでオススメです。)

しかし、身体が硬いために、取れるフォームの幅が制限されてしまって、痛いのを我慢して乗っていたり、力が伝わらなくて悩んでいる方が圧倒的に多いのです。

ニセコクラシックで優勝という結果に関しても、もちろんポジションや身体の使い方、柔軟性だけで勝ち取ったわけではありません。きつい練習もたくさんしてきました。しかし、そのどれが欠けていたとしても、今回の結果はなかったと思っています。強度の高いトレーニングを重ねても身体を壊さないために、全てが必要だったからです。

最近のバイクフィッティングを受けられたお客さまから、こんなコメントもいただいております。

単にポジションを変えるだけで2万、3万というフィッティング価格は普通に存在しますから、

トップレベルの競技で効果が証明された「身体の調整」を込みで15000円という価格は、この業界においてかなりお買い得な方だと思っています。

ただし、新規の方向けにいつまでこの価格で続けられるかどうかはわかりませんのでご容赦ください。

バイクフィッティングのお申込みはこちらから↓

お申し込み

より速く、より楽に走るために。

岡 泰誠


PAGE TOP